2007年10月17日

親いる時に、親孝行

私には、85歳の母がいます。
その母がいつの間にか1m50そこそこの私を見上げるようになりました。
そして、仕事の合間をぬって会いに行く私に「忙しいんだろ、悪いな」と言うのです。
今日は暇だからと朝の1時間くらい世間話をするのですが、
1日中1人でいる母にはその1時間は大事なのだろうと思います。
「忙しいんだろ、悪いな」といいながらお茶の用意をしたり、話を止めないのです。
今までは母の存在は空気のようなもので、居て当たり前、してもらって当たり前
でしたが、見上げてくる母を見てからは急に愛おしくなりました。
1時間という時間は私にも大切な時間ですが、母と過ごす1時間は何事にも変えがたい
他の時間を割いてでも今やらなければという時間になりました。
親孝行をしたい時には親はなしと云いますが、
親孝行に間に合うかなと気づいた今日この頃です。
posted by 雅水 at 13:12| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。