2007年07月05日

人間も自然の一部


雅水です。

今日、カタツムリ(でんでんむし)を見ました。
通勤途中のアジサイの葉の上にいたのです。
このところ、とんと見かけなくなったカタツムリ。
私が小さかった頃そこら中で見たものでした。
カタツムリは雄・雌の区別が無く交尾のときにどちらかにわかられるのだそうです。
でも、二匹いないと子孫の反映は無いそうです。
なのに、カタツムリの少子化でしょうか。
posted by 雅水 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。